埼玉県私立入試4 北辰テストで決まる。

2016年06月16日

今回は前回の内申点基準に引き続き北辰偏差値基準についても話をしていきます。

 

そもそも埼玉県における北辰テストとは何か。その昔は学校で一斉に行われていた校内模試でしたが現在では書店や塾で申し込む模擬試験の一つです。今年からはネット申し込みも可能になりました。

北辰http://www.hokushin-t.jp/

次の表は例です。

 

埼玉県私立高校の特徴としてはコースが分かれているというのも特徴の一つです。

進学コースと、普通コースさらに特別進学コースや名称は様々ですが4つくらいに分かれていることも珍しくはありません。個別相談では学校を選ぶのではなくそのコースまで決めなければならないということです。

 

上の例を使ってさらに説明をしていきます。

通知表に関しては前回もお伝えした通り1学期or 2学期のどちらかで基準をクリアするということでした。

 

北辰偏差値では多くは「7月から12月」の良いとき2回の3科or5科の平均となっています。

 

偏差値を算出するときの注意点として「7月は3科」、「9月は5科」で見るということは通常駄目なことが多いです。

また2回の平均ではなく基準を2回クリアするという学校もあります。

例えば基準が偏差値55だとします 。これだと9月56、10月54の場合、平均すると55をクリアになりますが、2回55をクリアの場合は駄目ということになります 。

また、四捨五入で見てくれる学校がほとんどですが中には小数点以下切り捨てというケースもありますのでボーダーラインの場合は注意が必要です。

 

Andかor で大違い。通知表の基準と北辰偏差値の基準ではどちらがいいのか。

続きは次回で。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
学習塾アプト
http://www.aputokawagoe.com/
住所:〒350-0041 埼玉県川越市六軒町1-1-3
プルミエール川越3FB
TEL:049-227-6393
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇