割り算でつまずかないために③

2016年04月28日

image

 

今回は割り算を習いたてで文章問題に取り組むときの注意点を上げておきます。

割り算に限らす低学年の文章問題は、答えはわかるが式が言えないという現象がよく見られますが、特に割り算の文章問題ではその傾向が出やすいので気に留めておいたほうが良いと思います

 

例えば次のような問題で見ていきましょう。

15人の子供が3人ずつのグループに分かれます。いくつのグループができますか。という問題です。

 

すぐに5つと答えたとしてもここで15÷3=5 と考えているかはわからないということです。

 

3×15だからに入るのは5だと答えを出しているとします。計算の仕方を考えると確かに割り算は頭の中で上のような九九を思い浮かべて5という解答を導くのですが、15÷3= という式を作らずかけ算で答えが出せている子は要注意です。

例えが2ケタ以上の割り算になると九九では対応できないのでつまずくということがあります。

 

さらには小数・分数になってくると数字ではなく言葉で式が作れないといけなくなります。

ですから最初のうちは割り算とは何かを学習しているということを考えさせないといけないということです。

 

3人ずつ分けるから割り算だよねと確認し、割り算の式を書かせることが大切なのです。むしろ文章問題とはこの部分の確認のために解いているということが言えるのです。

初心者のための埼玉県私立高校入試 2

2016年04月28日

前回は埼玉県の私立高校入試はほぼすべての生徒が推薦入試を受けることになるというお話をしました。

今回は埼玉県私立入試に欠かせない制度について説明していきます。

 

それは個別相談(事前相談)という制度です。(一部の難関付属を除く)

かなり昔に遡りますが、以前埼玉県の私立入試では偏差値輪切りということが行われていました。中学校の先生と高校の先生の間で相談をしていました。そこでは、確約という言葉も…、その後いろいろあって今の形になったのです。いろいろの部分は話が長くなるので別の機会で。

 

話を戻しまして、個別相談とは何かというと、保護者・生徒と私立高校の先生の間で事前に合格の可能性について相談を行う制度のことです。

 

相談時期は2学期の10月~12月に高校の説明会と同時開催でれることが多いようです。中には事前に予約を取らないといけない学校や面談の日を別に設けるケースもあります。

 

では、何をもって合格の可能性を相談するのかですが、それは中学校の3年1学期or2学期の通知表と7月(4月)以降の北辰テストの偏差値で相談します。

そしてこの相談なしに受験をすることは可能ですが合格の可能性は極めて低くなります。相談なしに受験をするのは無謀ということになります。

初心者のための埼玉県の私立高校入試 1

2016年04月26日

埼玉県の引っ越してきたかたや初めてのお子様が高校入試を埼玉県で受ける方へなるべくわかりやすく説明していきます。よって大筋をおった説明になりますのでご了承ください。

細かいところまで説明しすぎないように気をつけていきますので細かいところが気になる方はお手数ですがお問合せください。

 

早速ですが埼玉県の私立高校推薦入試は他の都道府県とはかなり異なります。

押さえておかなければいけないポイントは…

 

埼玉の私立は一部の学校を除いて推薦入試ですべて決まるということです。

 

推薦入試というと面接というイメージか、テストがあっても簡単なものという形で理解しているのではないでしょうか。そして推薦がだめなら後で一般入試を受けるというのが持たれているイメージだと思います。また、推薦を受けるのは私立第一志望の生徒で、公立(県立)第一志望者は一般入試を受けると考えている方もいると思います。

 

ところが、埼玉県の場合、一部の学校(慶応志木・早稲田本庄・立教新座)は上記のような制度を利用しますが大半の県内私立高校は推薦入試でほぼ定員が埋まり、一般入試があってもそれは2次募集的な形で少数の募集になっています。私立第一希望者は単願推薦を、公立第一希望者は併願推薦という形でいずれも私立の推薦入試を受けることになります。(少数ですが県立1本という場合もありますが)また、隣接する都内私立では一部埼玉方式を埼玉の中3受験生に適応するということもあります。つまり埼玉県の入試=推薦入試ということが完全に根付いているのです。

割り算でつまずかないために②

2016年04月25日

image

前回の続きですが計算の時は右側の黄色で考えることになります。÷というと5つに分けるというほうが頭に浮かぶかもしれませんが計算では5つずつに分けると考えます 。例えば、÷100という計算を100人で分けるというのが頭に浮かべられるかどうかということです。

100人にわけていく画像を思い浮かべ一人いくつになるかは到底考えられません。

 

1500÷100のとき「100というかたまり」がいくつ入るのかという考え方で計算するということです。

 

また、筆算で商を立てるときを考えるとわかると思います。

さらに、足し算の概念を教えるとき合わせていくつ、とやるのと同じことを割り算でやると

いくつ入るかを考えさせるということです。

それを探すのに九九で考えるということになります。

 

この「かたまりが何個入るか」という考え方は、いずれ悩まされることになるかもしれない単位量につながるので油断できないところです。

割り算でつまずかないために①

2016年04月21日

image

突然ですが

15÷5という式であらわされる問題を2問作りましょう。(ヒント)絵を見てください。

 

 

実は15÷5の÷5には2つの意味があります。

1つは15個のものを5つにわけるという意味。

もう一つは15個のものを5つずつに分けるという意味です。

 

文章問題で式を作る説明をするときは言葉を強調して言ってあげるといいですよ。

15個のキャンディーを5人で分けるとき一人分は何個?

 

という問題では5つに分けるから15÷5だね。という感じで。

2つの意味があることを知っていることが大事です。

 

では15÷5の計算をする時は頭の中でどう考えることになるか。

赤か黄色か?どちらで考えているでしょうか。続きは次回です。

川越市にある学習塾アプトのブログでは入試や成績アップに役立つ情報をご提供しております

川越市駅前で小学生から高校生まで学習力の向上と成績アップに定評がある個別指導塾の学習塾アプトでは、ブログで埼玉県の公立高校の入試対策や、学校の定期試験対策、苦手科目克服のためのコツなどをアドバイスさせていただいております。
塾で指導している内容をご紹介しながら、受験や試験のための準備や数学や英語などの苦手分野克服のカギを公開させていただいておりますので、ぜひご参考になさってください。
ブログを読んだだけでは不安な方、具体的に対策をしたい方は学習相談や教育相談も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。川越市駅前で便利な塾では、進路相談や体験受講のご予約を24時間いつでもネットからご予約いただけます。