小学生の夏期講習を通いやすく まだ間に合います

2016年07月21日

小学生の費用をわかり易くしました。

各学年の算数のポイントは

小学4年生の算数

小学5年生の算数

小学6年生の算数

日程はこちら

 

川越市駅で夏期講習の塾をお探しなら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
学習塾アプト
受験生の夏期講習は100時間チャレンジで飛躍!
http://www.aputokawagoe.com/
住所:〒350-0041 埼玉県川越市六軒町1-1-3
プルミエール川越3FB
TEL:049-227-6393

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

ピンチはチャンス 中2の夏期講習 

2016年07月20日

中だるみの学年と言われますが、成績アップの最大のチャンスです。

1学期の最後に少し位入っていたかもしれませんが一次関数という最大の山場を迎えるのが中学2年の2学期です。

1学期の文字式の計算と連立方程式ができないと一次関数はできないのでまずは前半で1学期の復習をしましょう。そして後半は一次関数の基本までを定着させて2学期をむかえましょう。

段々と点数が取れなくなってくるのが英語です。

今までと同じではだめです。

この夏は過去形・過去進行形・未来表現の復習と2学期の予習は接続詞と不定詞がやってきます。新しいことが次々と出てきます。更に単語の量も多くなるので今まで以上に覚えなければいけません。不規則動詞なども一緒に復習して単語の量を増やそう。長い休みだからこそできることをしっかりと計画を立てて取り組もう。8月は単語を覚えることを一つの目標に上げましょう。

 

 

川越市駅で夏期講習の塾をお探しなら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
学習塾アプト
受験生の夏期講習は100時間チャレンジで飛躍!
http://www.aputokawagoe.com/
住所:〒350-0041 埼玉県川越市六軒町1-1-3
プルミエール川越3FB
TEL:049-227-6393

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

夏期講習の前に効果的な勉強法を考えよう

2016年07月20日

なかなか覚えられない

 まずは、記憶をするとはどういうことかを理解しておく必要があります。

目や耳といった感覚器官から入った情報は脳の海馬と呼ばれるところを通ります。

この海馬という場所は短期記憶が得意な場所になっています。

そのおかげでわざわざ記憶をしようと意識をしていなくても、今日一日の記憶は残っていると思います。

特に暗記しようと思わなくても…。

しかし23日もするとどうでしょう。かなりの部分の記憶がなくなっていると思います。これこそが海馬の持つ性質なのです。

 

 

一夜漬けが得意な人は要注意

一夜漬けでいい点を取る要領のいい人が周りにいませんでしたか。

うらやましく思えたりもしますがこれは海馬の能力を発揮しただけに過ぎないのです。

その記憶は後には残らないのです。

簡単なことで今日一日の行動を一週間後も今日と同じレベルでは思い出せないですよね。

それが普通なのです。

実は1週間どころか1日でかなりの量は忘れてしまっているのです。

 

脳は忘れるようにできている

一夜漬けで覚えた記憶は覚えたつもりでいても簡単に消し去られてしまうのです。短時間の勉強で成果を上げたとしてもそれは海馬の力だということを理解しておかなければいけないのです。

どういう事かというと海馬は入ってきた情報を短い期間は覚えていられるが容量が小さいため新しい情報が入ってくると古い情報の上から上書きしてしまうのです。

 

どうすれば記憶に残るのか

では、どうすればいいのか。それが脳(海馬)を騙すということです。

つまり、海馬は、これは大事だと思うことは大切に奥にしまっておこうとするのです。

これこそが記憶するということなのです。

では海馬に大事だと思わせるにはどうしたらいいのか。海馬は生きていくために必要なものとそうでないものを見極めるのです。

ただ1回きり勉強をしただけではそれが生きていくうえで大事なことなのか伝わりません。(本人が必要だと思っても海馬がそう思うかは別だということです。)

 

大事と思わせるその方法は2つ

海馬はどんな時に大事な事だと判断するのでしょうか。

一つ目は誰でもできる簡単なことです。

それは単純に繰り返すということです。

何度も同じ情報が海馬を通過すればいいのです。

何度も同じ情報が入ってくることにより海馬は、これは生きていくのに必要なことに違いない。大切にしまっておかなければ、となるわけです。

もう一つの方法は皆さんも経験があると思います。

忘れられない思い出というものがあるのではないでしょうか。

思い出は同じことを何度も繰り返さなくても覚えているものです。

何故なのか、それはインパクトが強いので覚えたとか、楽しかった、逆に嫌だったというように感情と一体化することで記憶に残りやすいということなのでしょう。

ただ、勉強でそれほどのインパクトを与え続けててもらえることはなかなか難しいですよね。

最近勉強動画が流行っているのは理に適っていることなのかもしれません。

 

 夏期講習で実践しよう

 そこまでのインパクトが無くても自分で語呂合わせやこじつけを考えるなどすることは暗記をする上では効果的です。

他にも自分に合った記憶法を考えてみてはいかがでしょうか。

そして繰り返しのタイミングはどれくらいがいいのかですが、先ほどの説明でも一日たっただけでもほとんどの部分は忘れてしまいます。

できるだけ早く復習をすることが大切なのです。

毎日学習したほうがいいのはそのためです。そして繰り返すことで忘れない記憶へとなるのです。

このことは昔から言われていることです。問題なのはそれを実践することなのです。

 そしてその方法にもコツがあります。

学習塾アプトではまだまだ夏期講習生を募集しています。

1学期の成績を見てこれはまずいと思う人、2学期にライバルに一気に差を付けたい人。

小学生・中学生・高校生、期間も時間帯も選べる個別指導でベテラン塾長が直接指導し、学習のコツを教えます。 

 

 

 

川越市駅で夏期講習の塾をお探しなら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
学習塾アプト
受験生の夏期講習は100時間チャレンジで飛躍!
http://www.aputokawagoe.com/
住所:〒350-0041 埼玉県川越市六軒町1-1-3
プルミエール川越3FB
TEL:049-227-6393

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

夏期講習 中学生 中1で必要な理由は

2016年07月14日

1学期のテストは点数が取れていたから大丈夫?

 

1学期の中間テストは平均点が高くそれなりの点数が取れるので危機感を感じないことが多いかもしれません。

それが1学期の期末テスト、2学期の中間、期末と徐々に平均点は下がり、

差が付くテストになっていきます。

1学期を振り返るといかがでしょうか。小学校とは違い部活動など生活のリズムも変わりなかなか時間が取れないということもあるのではないでしょうか。

1学期内容を夏休みの間にやらずにいたら2学期が始まったとき目も当てられない状態は必至です。

中学校では2学期の最初に1学期の復習からやり直してくれることはまずありません。

 

夏期講習で勉強貯金を増やしませんか。

 

 数  学

中学1年生の数学では2学期の重要単元である一次方程式の学習が大切です。

2学期の試験で差が付き始める最初の単元だからです。

算数から数学への移行が最もわかり易いのは方程式の考え方です。

夏期講習では方程式の解き方までを学習しておくことが2学期からの余裕を持ったスタートにつながります。

もちろん正負の数や文字式の復習も並行して行い定着を図ります。

 

 英  語

英語では中2以上でもbe動詞でつまずいているケースが多く見られます。

他にも日本語には無い英語の表現などは1年生でほとんど出てきます。

英語では、「ここに気を付けないと減点される」というポイントを早めにつかむことが大切です。

英語はわかっていることでも何度も繰り返すことが必要です。

繰り返して定着させやすいのは学校が進んでいないこの夏休みがうってつけです。

夏期講習で繰り返し学習し、定着を図ることが2学期に備えることにつながります。

 

 

 

川越市駅で夏期講習の塾をお探しなら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
学習塾アプト
受験生の夏期講習は100時間チャレンジで飛躍!
http://www.aputokawagoe.com/
住所:〒350-0041 埼玉県川越市六軒町1-1-3
プルミエール川越3FB
TEL:049-227-6393

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

小学6年生の夏期講習 算数のポイント

2016年07月11日

小学6年生の1学期の内容はどれも中学校の学習につながるものばかりです。

線対称・点対称な図形は中学1年の図形の移動につながり、円の面積は中学1年の円とおうぎ形につながります。

文字を使って式を表そうはそのまま文字式の表し方や方程式の立式につながります。

分数のかけ算・割り算は文字式の計算では完璧な理解が求められます。

中学では小数の計算よりも分数の計算の方が圧倒的に多くなるからです。

角柱・円柱の体積も中1の空間図形で再び出てきます。

 

これだけ中学1年生で繰り返しがあると今やらなくてもいいのでなないかという考えが起こるかもしれませんがそうではありません。

 

ゆとりの時に教科書の内容が減らされたことはおそらくご存知だと思います。

当時はできるだけ繰り返し(無駄)を省こうというものでした。

つまり学年を先送りするとか、中学でやるならば小学校ではあまりやらなくてもよいという考えです。

ゆとりの考え方は時間数を減らす(どうしても週5日制にしたかった)ために考えた口実のようなものだったので、時間数を減らすためには仕方なかったかもしれません。

しかし、ここにきて重要な単元は繰り返すようになっています。

ところが時間数はそのままですので学校の先生は大変です。

そして問題は小学校の先生の意識が脱ゆとりになっているのかが重要です。

もし小学校の先生が中学校でも同じことをやるから…と考え、中学校の先生が小学校で一度はやっているから…と考えるとせっかくの繰り返しの意味がなくなってしまします。

 

中学にスムーズに移行するための重要な単元だからこそ繰り返しになっているのです。

小学6年生は中学への移行をスムーズにするための重要な学年です。2学期以降もそれが続くことを考えると1学期のことは夏のうちに2学期の先取りで余裕を作ることも夏期講習がとても重要になってきます。

2学期から中学内容の先取り学習を始めれば

中学1年生の中間テストは目指せ1ケタ順位

5科合計480点です。

 

 

川越市駅で夏期講習の塾をお探しなら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
学習塾アプト
受験生の夏期講習は100時間チャレンジで飛躍!
http://www.aputokawagoe.com/
住所:〒350-0041 埼玉県川越市六軒町1-1-3
プルミエール川越3FB
TEL:049-227-6393

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

夏期講習 小学5年生の算数ポイント

2016年07月09日

小学5年生の算数は2学期から単位量3学期からは割合と今後の算数だけでなく数学でも必要な重要な概念が目白押しです。

 

では1学期の学習の振り返りは必要ないのかというとそうではありません。とても重要なことがあります。

 

それはズバリ小数倍です。

まずは何倍かと聞かれたときの考え方に注意が必要です。

 

何倍と聞かれたらただ割り算をすればいいと考えてきた人は今までならば割り切れる方で割ればいいでした。

 

本当は何倍かを考えるときには、

どちらがどちらの何倍なのかを考えなければいけません。

 

どちらがもとになっていてどちらが何倍なのかを考えずに数字だけで考えてきた人はここでつまずきます。

いい加減に割っても2回に1回は当たるため結構見逃されてしまいますが注意しましょう。

 次の質問には答えられるでしょうか。 

AはBの何倍ですか?  A÷B

Aの何倍がBですか?  B÷A

上の2つの質問のように文字でスラスラ言えたら問題ありません。

考え方はわかっているので数字に騙されないようにすればいいのです。

 

5は4の何倍ですか  5÷41.25  1.25

4は5の何倍ですか  4÷50. 8   0.8

 

そしてこの1.25倍や0.8倍とはどういうことかを

理解できている(腑に落ちている)

かが重要です。

 

買い物のとき消費税込みの値段を求める方法は税抜き価格を1.08倍すれば求まります。

 

この1.08倍とはもとよりちょっと増えるということです。

税抜き100円なら100×1.08108円で8円増えるということです。

1000円なら10000円なら…

200万円の車を買うと200万×1.08216万円

3000万の家を建てたら3240万 消費税だけで240万も取られます。

 ちょっとではないですが…

 

もとの金額が変わると同じ小数倍でも増加分が変わることがわかりますね。

これが割合の考え方です。

 

消費税が10%になったらどうなるのか。

小数倍が何故大切か。

1.1倍はちょっと増える。

0.9倍はちょっと減る。

この感覚が身についていれば割合の概念もわかり易くなります。

2学期になる前の夏期講習では単に計算ができるということだけではもったいない。

 

算数ではこのように教え方が違うだけでその後の単元へのつながりが違うのです。

 

小数倍の感覚を身に付けるとこの先の算数のつまずきポイントを上手に回避することができます。

 

 

川越市駅で夏期講習の塾をお探しなら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
学習塾アプト
受験生の夏期講習は100時間チャレンジで飛躍!
http://www.aputokawagoe.com/
住所:〒350-0041 埼玉県川越市六軒町1-1-3
プルミエール川越3FB
TEL:049-227-6393

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

川越市にある学習塾アプトのブログでは入試や成績アップに役立つ情報をご提供しております

川越市駅前で小学生から高校生まで学習力の向上と成績アップに定評がある個別指導塾の学習塾アプトでは、ブログで埼玉県の公立高校の入試対策や、学校の定期試験対策、苦手科目克服のためのコツなどをアドバイスさせていただいております。
塾で指導している内容をご紹介しながら、受験や試験のための準備や数学や英語などの苦手分野克服のカギを公開させていただいておりますので、ぜひご参考になさってください。
ブログを読んだだけでは不安な方、具体的に対策をしたい方は学習相談や教育相談も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。川越市駅前で便利な塾では、進路相談や体験受講のご予約を24時間いつでもネットからご予約いただけます。